hypnptism blog site

催眠術のかけ方 操るには

0cc788785c5c0cf84765b83fcfcec795_s

催眠術を信じますか。
催眠術のかけ方があるなら
人を思いのままに操ることもできるはずです。

 

人は操れないからこそ、
かかわるのが面白いのだし、
恋愛してもときめくのだと思います。

片思いの相手ができたら、
すぐ催眠術で自分のものに出来るのなら、
誰も恋愛にときめかないでしょう。

相手の考えていることがわからないからこそ、
相手の言葉に注意して、
意志を察しようと努力したり、
どうやって優しくしたら喜ばれるか考えたりするのだと思います。

 

でも、もし催眠術を人助けに使えたら
そんな方法があるのなら実行してみたい気もします。

何事も使い方次第で悪くも良くもなるものですから、
催眠術だって使い方によっては
なにかいいことを起こせるかもしれません。

 

そう考えると、夢のある話で楽しくなってきます。


催眠術には人助けができる役割を持っているのかもしれないですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

催眠術とは

催眠(さいみん、英: hypnosis)とは、暗示を受けやすい変性意識状態のひとつ。また、その状態(催眠状態)、およびその状態に導く技術 (催眠法) を指す場合がある。催眠術(さいみんじゅつ 英: hypnotism)とも呼ばれる。意識の構成には「清明度」、「質的」、「広がり」の三つの要素が存在する。「清明度」の低下は一般に意識障害を、「質的」の変化(意識変容)はせん妄やもうろう等を指し、「広がり」が低下した状態(意識の狭窄)を催眠状態と呼ぶ。別の観点から言えば、人間の意識は9割を占める非論理的な潜在意識と、覚醒時に論理的に思考する顕在意識とで構成されているが、催眠とは、意識レベルを批判能力を除外する潜在意識レベルに誘導することであるといえる。催眠状態といえば特別な状態に聞こえるが、電車の中でうたた寝をしている状態に近く、誰しもが入る事の出来る現象である。

最近のコメント

    アーカイブ

    2017年6月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    ページ上部へ戻る