hypnptism blog site

催眠術師になりたい

0cc788785c5c0cf84765b83fcfcec795_s

世間には催眠術師になりたいと憧れている人もいるでしょう。

神秘的なイメージや幻想的なイメージもあり、
一般的な学問とは少し離れたオカルトのような雰因気もあり、
魅力的に感じている人は多いものです。

この催眠術というものは魔法や魔術ではなく
脳科学や心理学を用いたもので催眠術を利用するためには
それらの知識と技術をテクニックとして実践することになります。

催眠術師になりたいと考えている場合にはそれを悪用するのではなく、
精神医学や精神的な疾患の治療のために利用することが多く、
心理的な大きい負担などを取り除くためなどに用いることが多くあります。

試合の前の選手ややる気を出させる前に行うと
多少でも効果が上がることもあり、
意外と用いられる機会が多いものです。

 

求人としてはあまり数はないですが、
専門的なスキルがある場合には
専門の機関や医療機関でも活躍が期待されたり、
自身でスクールを開くことも可能です。

神秘的なものや幻想的なものに憧れる人は多く、
意外と需要があるのも事実です。

しかし、求人として職場が有るわけではないので
個人事業として取り組まれることが多く、
様々な面で自己責任な印象も強くなります。

求人に期待せずに自分自身で
取り組んでいこうとする姿勢が大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

催眠術とは

催眠(さいみん、英: hypnosis)とは、暗示を受けやすい変性意識状態のひとつ。また、その状態(催眠状態)、およびその状態に導く技術 (催眠法) を指す場合がある。催眠術(さいみんじゅつ 英: hypnotism)とも呼ばれる。意識の構成には「清明度」、「質的」、「広がり」の三つの要素が存在する。「清明度」の低下は一般に意識障害を、「質的」の変化(意識変容)はせん妄やもうろう等を指し、「広がり」が低下した状態(意識の狭窄)を催眠状態と呼ぶ。別の観点から言えば、人間の意識は9割を占める非論理的な潜在意識と、覚醒時に論理的に思考する顕在意識とで構成されているが、催眠とは、意識レベルを批判能力を除外する潜在意識レベルに誘導することであるといえる。催眠状態といえば特別な状態に聞こえるが、電車の中でうたた寝をしている状態に近く、誰しもが入る事の出来る現象である。

最近のコメント

    アーカイブ

    2017年10月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    ページ上部へ戻る